お口づくりを、
のために

むし歯・歯周病が見つかる前に、”なりやすさ”を検査し対策することで、
小さなむし歯が出来る前から予防することが出来ます。

「治療」が必要無いことの重要性

ことの
重要性

歯を削る治療は、歯が元に戻ることは無いことをご存じですか? どんなに綺麗な詰め物でも、丈夫な被せ物でも一生もつものはありません。 治療した場所は、遅かれ早かれ「再治療」が訪れます。一番歯を長持ちさせる為に必要なのは“どんな治療を受けるか”の前に”どうやったら治療が必要無い歯(口)を作れるか”なのです。

病気のなりやすさ(リスク)を検査する大切さ

(リスク)を
検査する大切さ

病気を未然に予防するには、「病気のなりやすさ(リスク)」を把握することが大切です。どんなに小さなむし歯でも、出来る人にはその理由があり、出来無い人にも同様に理由があります。
「むし歯が小さいうちに見つけること」ではなく、小さなむし歯も出来ないうちにリスク検査をし、「病気」が発生する前に「病気のなりやすさ」を改善出来れば、病気に困りにくいお口・身体を作ることを目指せます。

一生健康な身体で
いるために

一生健康な身体でいるために

むし歯菌が脳卒中に関わっていることや、歯周病菌が認知症に関わっていることなどが解明されつつあります。歯が少ない人ほど、身体の医療費が多くかかっているというデータもあります。
口の中の病気の予防や改善は、口の中の健康を守ることはもちろん、全身の健康に大きく寄与しているのです。むし歯にならないために、歯周病にならないために、を越えて『全身の健康を維持するために』歯科に通って頂きたいです。